ライフ マネー

ライフマネーの部屋

副業収入などが最近話題ですね

日本経済もアベノミクスで景気回復などと言っていますが、一部
の層だけに利益がいってしまい、普通のサラリーマンや自営業者
には恩恵がありませんね。

 

少しボーナスがアップしたというのは、大企業位でしょうか。
それも期間限定のものでしょう。

 

会社員の平均年収も10年、20年単位で見ても一貫して下がり続けて
います。

 

税金も法人税は税率を下げていく方針ですが、個人の場合は消費税
をはじめ増税の計画が進んでいますね。

 

このような中で、副業を始める人達が増加しています。
まったく給料が上がらないのであれば、当然の選択ですね。

 

今ではネットでもショップを開いたりできますし、即金が欲しい
場合は、会社以外にアルバイトをするのもいいですね。

 

私の友人でも、家庭教師などをして稼いでいる人もいます。
できれば大卒の人などは、このように肉体に負担がないものが
お勧めです。

 

時給もいいですし、本業に影響が出にくいですからね。
それに勉強を教えていけば、部下の指導などにも応用が効きます。
個人の家庭教師で腕を上げて、組織化したり塾の経営に乗り出し
たりして成功した人もいますからね。

 

いきなり独立起業などは、危険度が高いのであまりお勧めしません
が、このように副業で腕を磨いて実績を積み上げてから、起業する
のは結構、成功率は高いですしお勧めです。

 

これからは残業代も公的に支払わなくていいみなし労働制も拡大する
見込みです。

 

今は年収が高い一部の人のみという話ですが、かならず対象者が拡大
してくるはずです。

 

そのような中で、今から副業で自分で収入を上げる能力を高める、
ということは将来的に必ず役立つはずです。

 

また賢い金融知識や、投資の勉強などもしておいたほうがいいですね。
私も海外のファンドにお金を積み立てていますが、日本の金融商品
よりはるかに有利なものがたくさんあります。

 

一気に資金を投資してしまうと危険ですが、毎月定額で積み立てて
いくと、将来の年金代わりにもなります。

 

副業で儲けたら、海外投資にまわすのもいいですね。
こっそりと行っているので気づいていないだけで、実際は多くの人が
副業に取り組んでいます。

 

あなたも何かできることから、始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

今や数多くの消費者金融があり、お手軽に借金できますが、問題は借入よりも
返済です。軽く考えて自己破産などをすると、やはり大変なことになります。

 

持ち家を持っていれば取り上げられてしまいますし、一定以上の資産は没収です。
特定の職業にはつくこともできません。

 

信用情報にも傷が付いて、しばらくはクレジットカードも作れません。
俗に言うブラック扱いになってしまうのです。

 

一応は最大で7年でその履歴も消えることになっていますが、実際はどうでしょうか?
信用調査期間のデータからは消えても、一度デジタル登録されているものですから、
どこかにデータが残り続ける、という可能性も否定できません。

 

やはり簡単に自己破産などは、考えない方がいいです。

 

私が以前、副業でしていた派遣の仕事でも、同僚に破産者がいましたが、彼の場合
などは、おそらくギャンブルが原因の破産なので、免責がされずに給料から強制的
に天引きされているようでした。

 

もちろん最低限の生活費だけは残してもらえますが、これでは悲惨過ぎますね。
その後に及んで、彼はまだスロットなどをやっていましたが、その内に取り立てに追い詰め
られてきたようで、夜逃げしてどこかに消えてしまいました。

 

やはり破産などは、甘いものではないのでカードローンなどは必要な時に計画的に
利用するようにしましょう。

 

私が利用しているプロミスでも、返済についての相談などにも乗ってくれますし、公式
サイトにも返済シミュレーションが付いていて、数字をいれれば月々の返済額を計算
してくれます。

 

こういったものを利用して、借りすぎないように注意しましょう。

 

今現在、複数の会社からキャッシングをしていて、返済が大変になっていたら、おまとめ
ローンなどに申込んでみるのも一つの方法です。

 

一括でまとめて、利息を下げてもらえば何とか返済していくことが可能でしょう。

 

その代わりに、今まで利用していたカードはすべて解約してしまわなければ駄目です。
持っていると、また借入してしまうのでそれを避けるためです。

 

とにかく返すことを計算しながら、融資をうけなければうまく回していくことはできないでしょう。

続きを読む≫ 2014/09/20 10:32:20

大手消費者金融のプロミスでは、即日キャッシングを受けられますが、
土日や祝日などの金融機関がお休みの時でも、対応しています。

 

だいたいお金が足りなくなるのは週末などが多いので、お客さんの
ニーズにも合致していますね。

 

それと忙しいサラリーマンなどは、平日に申込みをするのはたいへん
ですからね。

 

夜遅くに帰ってきて、WEB審査などをしても受付は24時間ですが、
審査はすぐにはできないので、結局は借入れができるのは次の日に
なってしまいます。

 

それに疲れている時に、いろいろと手続きをしたくないという人も多い
はずです。

 

そういった人も含めて、土日や祝日の取引のニーズは高いのです。

 

私自身、自動契約機で週末に利用したことがあります。
今ならネットで申込みから審査、振込みまで完結するスマホやパソコン
の取引がお勧めですが、少し前までは自動契約機は人気がありました。

 

実際に利用してみると、中から鍵を掛けられる個室でゆっくりと手続きを
ふむことができるので、リラックスして進めることができました。

 

分からないことがあれば、備え付けのインターフォンでオペレーターに
聞く事ができますし、すごく丁寧に説明をしてくれます。

 

おかげでスムーズに手続きをすませることができました。

 

必要書類も運転免許証と、収入証明書を持っていっただけです。
通常は免許証か健康保険証、パスポートのいずれかがあればいいのですが、
在籍確認をされたくない人、または借入希望額が50万円を超える場合は
収入証明書が必要です。

 

私は即日融資を希望していたので、そもそも在籍確認をしている暇もあり
ませんし、されたくもなかったので給与明細の2ヶ月分を持っていって
確認なしで済ませてもらえました。

 

いくら消費者金融の名前を出さないと言っても、会社に連絡されるのは
嫌なものなので、このサービスは評価できますね。

 

その後は、プロミスポイントサービスに申込んでおけば、初回限定で
「30日間無利息サービス」が受けられるので大変お得です。

 

これがあるので、他社よりもお勧めできますね。
キャッシングにおけるプロミス即日土日の注意点は、ネットなら午後2時
までに審査に通るようにすることです。

 

そうすれば当日に振り込んでもらえます。
自動契約機なら、カード発行後にすぐに専用ATMで出金できるので、営業
時間中に審査に通れば大丈夫です。

 

ただネットの場合でも、三井住友銀行かジャパンネット銀行にオンライン
口座があれば、「瞬フリ」という24時間即時に振り込んでもらえるサービス
が利用できるので、検討してみてください。

 

やはり個人的には「30日間無利息サービス」を有効に活用して、サービス内容
をチェックしてみることですね。

 

すぐに返済すれば、実質無料でキャッシングができるのは魅力的ですね。

続きを読む≫ 2014/08/06 00:09:06

いまだに「サラ金」という言われ方がされることもありますが、消費者
金融業者は健全化しています。

 

私も大手のプロミスを利用していますが、三井住友銀行のグループです
し、すごく対応も良くて満足しています。

 

もしろ母体の銀行よりも、サービスなどはいいくらいです。
土日や祝日でも即日キャッシングなどに対応してくれますし、日本の
金融機関よりも外国の銀行のようなサービスを提供してくれます。

 

以前は、個人に累計で異常な金額を貸し付けるなどして、多重債務者が
増加して社会問題にもなりましたから、その時の印象が悪かったので
仕方ないかもしれませんね。

 

取り立ても壮絶で、当時のニュースで録音テープで音声が流されていま
したが、本当に暴力団そのものでした。

 

あのような状況から、ここまで来たのもすごいことですね。

 

金融庁も改正貸金業法などを施行して、業界の健全化に貢献してくれ
ました。

 

今では、総量規制もできて借入金額の合計が年収の3分の1まで、という
制約ができました。

 

つまりまともな業者だけで借り入れをしていれば、多重債務は通常あり
得ないということです。

 

危険なのは違法なヤミ金業者などを、利用してしまうケースです。

 

彼らはルールなどは守りませんし、法外な金利もつけてくるので完済する
ことはほぼ不可能です。

 

絶対に手を出さないようにしましょう。

 

取り立ても普通の健全な消費者金融は、以前のようなことはありません。
普通に電話連絡から入って、悪質な場合は法的な対応を取られることも
ありますが、脅しや罵倒などあり得ません。

 

昔のアイフルのように、業務停止命令がでてしまっては堪りませんからね。

 

後は借りすぎないことが大事ですね。
何もキャッシング枠をすべて使い切ることはありません。

 

病気になって、途中で返済できなくなるとうリスクもあります。
その時必要な分だけ借りて、消費者金融業者とは上手に付き合っていき
ましょう。

続きを読む≫ 2014/08/06 00:00:06

ホーム RSS購読 サイトマップ